闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

闇のヴァルコレガチャ ~誓約と制約~

さて、前回の続きとなります。

ダイヤを貯めては無駄遣いし、期待をため息へと変え続けた自分。
しかしガチャゲーというシステムが生まれた背景を考えると当然の結末といえます。

 Youtubeのガチャ動画を見てみるとその渋さに唖然としますが、日本は世界有数のギャンブル大国。どんなに負けても自分の投資が無駄であることを受け入れられず、宝くじ・パチンコ・競馬等で破滅する人がなんと多いことか・・・。

さらに日本は「自己責任論」が非常に強い国。ガチャシステムは実に効率的な集金方法です。

ゲームバランスやストーリーなどに力を入れるよりも、強力な新キャラを続々投入して「勝ちたい」という欲求を掻き立たせ、派手なガチャ演出で射幸心を刺激する方法のほうが採算が取れるということでしょう。

その現実に文句を言ったところでどうにもなりません。
チャゲーとはそういうもんです。

スポンサーリンク
?

それでも、回したいガチャがあるんだぁー!

 何か堅苦しい前置きを書いちゃいました。退屈させちゃったらすいません。

「そんなに文句あるなら止めれば?」って思った方も多いはず。

いや止めませんよ。少なくともしばらくは。だって好きなんですよ。ポケモンとかモンハンとか、自分の手持ちや装備をチマチマ育てていくタイプのゲーム。そもそもモチベーションを保つためにプレイ日記を書くことにしたわけですから。

今後、負のスパイラルに飲まれない方法は単純明快。

1.ガチャを回すことそのものを「娯楽」にする
2.明確な損切りラインを決める。


上記の2つです。


まず一つ目。アレが欲しいコレも欲しいと過剰な欲を持つとガチャは「欲しいものを手に入れるための手段」になります。これがマズい。何がマズいって

仮に1,000連したとしても、手に入らない時は手に入らない。

ここで熱くなっては奈落の底へ一直線。ダイヤ課金しようものなら課金額=天国への片道切符。ガチャはダイヤが貯まったときのお楽しみとして慎ましく回しましょう。投資にしろギャンブルにしろ「余剰金で冷静に」が鉄則。娯楽ももちろんそれに当てはまります。


そして二つ目。もう少し投入すれば手に入るかも!?とやりすぎてダイヤを空にしないために、今後は

ノアが排出対象のガチャの「初回」しか回しません。

それ以外のガチャは原則無視します。スターフェスやブラックフライデーガチャなんてものが来ても回しません。ダイヤに余裕があったら装備ガチャぐらいはたまに回すかもしれませんが。

そしてガチャ結果をここで報告する。人の不幸は蜜の味、他人の爆死記事はブログネタとしてきっと好まれるはずです(白目)。

さあ次のガチャはいつだ!?この前のヴァルコレガチャはもう爆死済みだ!
ネタのために早く次のガチャを!!(オイオイ)

スポンサーリンク
?