闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

紡がれし命脈のハードをコンプリート、攻略概要をざっくりと

聖夜のXmasティアチが再び降臨するとは・・・。

f:id:Luxmoon:20171222180018j:plain

そういえばハロウィンメルマーレも一度終了してから再度降臨していましたし、自分みたいな「アルテ専用装備☆5にできませんでした」な人間にとっては実にありがたい救済措置です。

よし、降臨期間中はクリスマスドレスゲットのためにティアチに集中しよう。

 

紡がれし命脈の進捗

ノーマルでストーリーを楽しみ、あとは進められるところまで適当に、と決めていましたが、めでたくハードをコンプリートできました。これで専用武器の「真・インテンスシザー」を☆5にすることができます。

f:id:Luxmoon:20171222180012j:plain

攻略キャラは、フルングニル・ノルン・フレイヤ・ランコ・メルマーレ。出現するゴーレムのタイプやミッションによって入れ替えはありますが、基本的にこの5人で進めていました。

プレイ中に感じたことは、やはりストーリー攻略においてノルンは頭一つ抜けて便利だということ。フィルシーを麻痺させ、回復を妨害し、それなりに打たれ強いのでちゃんと攻撃に耐える。今後もクエストでお世話になりそうなので、ノルンは近いうちにフルオーブにしておこう。

壁役はフルングニル。素の耐久力が高いので、防具はセレスティアルヘルム一つだけで、残り全部武器でもしっかり攻撃に耐えてくれます。壁役のくせにMVPになることもしばしば。

メルマーレは後衛を狙い撃ちにしてくるアーチャー対策。自慢の耐久力で後ろからパーティが崩壊することを防いでもらいます。

ランコはゴーレムの後ろを攻撃でき、状態異常とデバフをばらまける便利なキャラ。フレイヤは状態異常範囲がフルングニルと被るので、結構頻繁に他キャラに入れ替えてましたね

総戦闘力は約162,000。これで大抵のクエストは問題なくクリアできましたが、2箇所ほど躓いた場所があるので、そこらへんを振り返ってみます。

スポンサーリンク
?

第10章 「10-3:祈りと誓い」 ~神獣なんて育ててねぇ~

このクエストのイベントミッション「神獣を2体以上編成してクリア」が困った。何しろ神獣をまともに育てていないんです。

フェンリルのレベル上げはしていましたが、オーブはまったく装着しておらず、しかもこのミッションは物理シールド持ちの赤ゴーレムが出現するせいで、フェンリルは完全にお荷物状態。

他に使い物になりそうな神獣は、「レベル44・☆4・青枠」という中途半端な状態で放置されたヨルムンガンド。仕方が無い、このクエストは実質的に3体でクリアするしかなさそうだ。もちろん、育てる余裕がある人はここで育てておきましょう。今後のイベクエでも活用するでしょうし。

さて、ヨルムンガンドとフェンリルをパーティに加え、「フルングニル・ノルン・フレイヤ」を主力としてクエストに挑むことに。ノルンが制裁付与&後衛麻痺で足止めしている間に、フレイヤにシールドゴーレムを始末してもらう作戦です。幸いにも2回ぐらいのやり直しでクエストを達成でき、残りのミッションは主力5名で難なくクリア。

神獣、育てなくっちゃなぁ。

 

第10章 「10-4:奉仕の時間」 ~たった3人で過酷な捕鯨~

このクエストはかなり難儀しました。「3人以下のパーティでクリア」が中々達成できない。

f:id:Luxmoon:20171222180003j:plain


当初は「フルングニル・リーザ・ランコ」というパーティで戦ってみたものの、どうやってもタイムオーバーになってしまいます。壁役のフルングニルにはセレスティアルヘルムで自己回復しながら殴ってもらっていたのですが、これでは火力不足の模様。

回復役を投入してフルングニルは武器4積みしたほうがいいのか・・・?でもバルドルを入れたら、それはそれで火力不足になるしなぁ・・・。

ん?バルドルって確か・・・?

そうか、バルドルは特効キャラだったか。

何だ、そうならそうと早く言いなさい(無茶苦茶)。それならソーサリーリングと武器を積んでやれば、しっかりダメージソースになってくれるはず。回復をバルドルに任せ、フルングニルには武器4つで存分に殴ってもらうことにしました。さぁ、何度目の挑戦が忘れましたが、これでヨルムンガンドを突破できるか?

f:id:Luxmoon:20171222180008j:plain

 

 

 

f:id:Luxmoon:20171222175959j:plain

残り時間「1秒」

危なかった・・・、何とかなりました。フルングニルの体力がガンガン減っていって、いつ落ちるかハラハラしましたが、耐え切ってくれた。

このダメージ内訳を見ると、非力なバルドルもそこそこダメージを与えてくれたようです。いや~バルドルが特効キャラで本当に良かった。

f:id:Luxmoon:20171222180034j:plain

しかし、この様子だとラーミナ☆5はちょっと無理そうです。公開期間にはまだ余裕があるので、できるかぎり挑戦してはみますが。

 

あれを思い出さずにはいられないでしょおー!(◎Д◎)

五星祭に新キャラが追加されましたね。「機刀少女ヒュウガ」ですって。

f:id:Luxmoon:20171222183429j:plain

「ヒュウガ」って聞くと、真っ先に思い浮かぶのがゼノギアスの「シタン・ウヅキ」(本名はヒュウガ・リクドウ)。シタン先生の愛刀は2本だし、新キャラも2刀流っぽいし。

しかも新キャラがデカい刀を納めている鞘の形、ゼノサーガの「E.S.ルベン」の鞘がどうしても連想されちゃいます。

 

f:id:Luxmoon:20171222183232j:plain

ルベン、いつ見てもかっこいい・・・。

ゼノサーガのメカデザインってかなり独特で、見ていて飽きません。

ヴェクター製のスリムな機体はもちろん、ハイアムズ製の機体の滑らかなボディとバイザーで隠れた異様な頭部の組合せが不気味でたまらない。

エピソード3冒頭の「ルベンvsレビ」のムービーは何度も見返してました。

E.S.ルベンの搭乗者は「ジン・ウヅキ」ですが、ジンさんはシタン先生をセルフオマージュしたキャラクター。うーん、やはり新キャラはE.S.ルベンをオマージュした可能性が微レ存?

そんなことを考えていると、この新キャラ、ゼノシリーズファンとしてはちょっと欲しくなってくるかも・・・(いや回さないけど)。

スポンサーリンク
?