闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

BGMのバリエーションがもっと欲しいです桜庭様

書くことがなさ過ぎたので、ネタを求めてラグナロク超絶降臨に突入しました。もちろん勝てるなんて微塵も思っていません。ご覧の通り迅速に処分されました。

f:id:Luxmoon:20180117131145j:plain

何でラグナロクなんてやったかというと、BGMが気になったからなんです。

 

もっと桜庭サウンドが聴きたいのだが

ヴァルコネを始めた大きなきっかけの一つが、「サウンドを手がけているのが桜庭統だから」というものでした。始めた当初は随所に初代ヴァルキリープロファイルの雰囲気を感じられて懐かしかったですね。

ただ、全体的なBGM数はあまり多くなく、バリエーションもそれほどでもない。ストーリー第20章のスルト戦や、30章のユミル戦は専用BGMを期待していたのに、通常ボスと変わらなくてガッカリ。ハロウィンメルマーレは通常コネクトとは違うBGMだったので、「イベントでは新BGMを楽しめるかな」と期待していたんですが、Xmasティアチや万福ガルムは使い回しで新鮮さに欠けました。(豪鬼は独自のBGMでしたね。あれはストリートファイターからの音楽かな?)

超降臨も通常コネクトと同じだったし、ならば超絶降臨なら新たな桜庭節を楽しめるのでは?と思いやってみたんですが・・・。

同じBGMじゃねーかッ!

いやいやいや、流石にそれはないでしょ!だって超絶降臨ですよ!ラグナロクですよ!明らかに今後ストーリーで鍵を握りそうな重要キャラじゃないですか!これぐらいはお金払って専用BGM作ってもらってくださいよ!

1曲当たりの単価は分かりませんが、そこんとこの投資はケチっちゃダメっしょ!

これはヴァルプルギスも同じBGMで間違いなさそうだ。もう、ワクワクをかえしてくれたまえ!

スポンサーリンク
?

音楽の話になったんでヴァルプルギスの連想ネタ

「ヴァルプルギス」と聞くと、まどマギの「ワルプルギスの夜」を思い出しますけど、自分にとってさらに印象深いのが、ベルリオーズという作曲家の作品「幻想交響曲」の第5楽章「ワルプルギスの夜の夢」。Wikipediaでは「魔女の夜宴の夢」と記載されていますね。

この交響曲の大きな特徴は、ストーリーが設定されていて、各楽章で雰囲気が全く違うというところ。かなーり頭のネジが飛んでいるお話で、第4楽章「断頭台への行進」と第5楽章「ワルプルギスの夜の夢」の不気味全開な盛り上がりがとんでもなくクセになります。

ベルリオーズ自身も波乱万丈な人生を歩んだ人物で、パートナーをとっかえひっかえしたり、恋が実らない腹いせに元恋人とその母親の殺害を目論んだり(思いとどまりますが)、多額の借金に苦しんだり、息子を失って発狂したり、とにかくロクでもないです。本人もその人生も。

しかし、そんな一般人とは違う道を歩む人間でないと、後世にまで残る芸術を作ることは出来ないんでしょうなぁ。家族や親戚にこんなのがいたら相当苦労すること間違いなしですが。

「クラシック音楽」って堅苦しいとか権威主義っぽいとか、そんなイメージがあると思いますが、凄まじい作品数があるので必ず自分好みの作品が見つかるはずです。正直な話、自分も「伝統的なソナタ形式がうんぬんかんぬん」なんてこれっぽっちも分かりませんが、結構楽しんで聴いてます。特に幻想交響曲は長時間聴いていても飽きにくいので、クラシック初心者にはぜひオススメしたいです。

他にオススメしたい曲は、「パッヘルベルのカノン」といったバロック音楽は鉄板として、マーラーの交響曲はどれも聴きやすいです。そこからさらにピックアップするなら「第5番」。やはり他人に推薦する上で、「飽きにくい」ってのは重要なポイントですね。


まーたヴァルコネと無関係な話を延々と書いてしまったわ。
読んでくれる人いるかな、いるといいなぁ。

 

累計100日ログイン報酬がこちらです

f:id:Luxmoon:20180117131155j:plain

100ダイヤ。

スタミナ回復であっという間に失ってしまいますやん。

で、200日ログインの報酬はと言うと

f:id:Luxmoon:20180117131150j:plain

桁が一つ足りないっしょ。

ガチャが1回3,000ダイヤも掛かるゲームなのに、ここまで絞らんでも。「どのガチャも初回は一律1,000ダイヤ」とかならまだ分かりますが、コレはな~。

スポンサーリンク
?