闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

異世界人と共に使徒を討つ、終焉と新世のリガーレ Part2

ウリンが☆5になりましたよ。ソウルを集め始めた時期が遅かったですが、予想よりも早く進化してくれました。ドロップ数2倍は本当に美味しい。

f:id:Luxmoon:20180217153652j:plain

 

国道13号君が少し楽になりました

ウリン☆5とほぼ同時にチケルもフルオーブ完了。チビッコ2人が強化されたことで少し国道13号戦が楽になりました。

f:id:Luxmoon:20180217153656j:plain

「国道13号」ってのはもちろん第13号機擬似シン化〈顕現〉のことです。長すぎるので勝手にニックネームを付けました。「国道」部分に特に意味はありません。半分眠りながらその場のノリで決めました。

しっかし、国道13号君ソウル落としてくれませんね。豪鬼の時もさっぱり入手できなくて、結局SF商人からソウルを購入しました。今回はエヴァ商人がないので、期間中に入手しておきたいところ。

種族は巨人かと思っていましたが「神獣」なんですね。光属性の全体攻撃持ちということで、闇属性降臨では活躍するかも、とちょっと気になっています。かっこいいし。

・・・まさかキャラクエがないってことはないですよね?さすがに。姿形がそっくりなのでユミルのトラウマが・・・。

スポンサーリンク
?

エヴァクエスト、7章までを振り返る

第5章 実はここがクライマックス

ヨルムンガンドの襲撃により作戦に大幅な遅れが発生。急ピッチで作業を進め、どうにか予定時間に砲撃を開始することに成功するも、再生能力を持つラミエルには通用しない。

さらに魔物の襲撃・ラミエルの反撃を受けピンチに追い込まれる一行。皆が頑張っている中で、主人公の影の薄さがハンパじゃない。

f:id:Luxmoon:20180217153435j:plain

f:id:Luxmoon:20180217153431j:plain

クリスタル4つのうち3つが破壊され、残る砲台はここのみ。しかし絶え間ない集中攻撃によりコアを露出させることに成功しました。あのラミエルのコアを露出させるとは、ファンタジー世界の兵器も大したモンやで。きっとシンジ君達が何らかの方法でATフィールドを中和してくれているに違いない。

しかし、ここで狙撃手のコロナが負傷し、撃ちたくても撃てない状態に。だれかが代わりに重責を負って引き金を引かなくてはならない。

よし、ここは今まで空気だった主人公にまかせろ!主人公補正でバッチリコアを撃ち抜いてやるぜ!

f:id:Luxmoon:20180217153428j:plain

そうでした、君も主人公だったわ。ここは原作通りシンジ君が狙撃手を務めることになりました。

この状況で進んで役目を買って出て、周りはシンジを信じて(ギャグじゃないです)すべてを託す!うーん、かっこいい。ヴァルコネ主人公マジでやることがない。

プレッシャーを押し退けラミエルを狙撃するも一撃では破壊できず(原作通り外したのかも)、強烈な反撃を喰らう第4部隊。レイのサクリファイスガードにより一命は取り留めるも、魔力の再充填が間に合わない。ここまでか・・・。

f:id:Luxmoon:20180217153423j:plain

【祝】主人公、ようやく出番。
その役目は「電池」

文句言ってる暇はない、こうなったらトランザムだ!謎パワーでナイフに集まったGN粒子をクリスタルに注ぎ込めェー!

「撃てー!マリュー・ラミアスシンジー!!」

f:id:Luxmoon:20180217153504j:plain

コアが砕け散ったー!

ラミエルを討ち取ったぞ!スゲェー!しかもクエストでラミエル自身と戦えるとは思っていませんでしたぞ!

なれば、こちらも相応の精鋭で迎え撃ってやろう!

 

f:id:Luxmoon:20180217153507j:plain

フルングニル「世界の平和はァ!」
スルト「我々が守るッ!」
フェンリル「ウオオーーン!!」
ファフニール「オレ様のコレクションにしてやるゥー!」
ニーズヘッグ「ギャギャギャッ、前が見えん・・・」

※このゲームのタイトルは「ヴァルキリーコネクト」です。
ファフニールの代わりにメルマーレでもよかったかも。

 

第6章 エヴァレーシング ~天界へのロード~

爆散したラミエルから大量の魔力が溢れ、シンジ達が元の世界へと帰る準備が整った。あっという間にお別れか、元気でな!

f:id:Luxmoon:20180217153459j:plain

何よ?

f:id:Luxmoon:20180217153626j:plain

祝賀会!?それやってるうちに帰れなくなるなんてトラブルはないよね?

まぁ人間サイズであればきっとどうとでもなるんでしょう。何かにつけて食事にありつこうとするハラペコ女神様のためにも、祝賀会を開いてあげますか。

それぞれが胃袋を満たしているところ、やけに嬉しそうにマリが寄ってきました。何と魔力の影響で一時的に空が飛べるようになったとか。

f:id:Luxmoon:20180217153622j:plain

そんなマリの姿を見て、スクルドがまたしても閃く。

f:id:Luxmoon:20180217153618j:plain

んっん~!?どうしてそんな発想が出てくるのかなッ!?

レースですか?そういえば、カードめくりミニゲームも「エヴァレーシング」なんてタイトルでしたね?エヴァのレースゲームが発売していてその宣伝ってことでしょうか?ちょっとググッてみよう・・・。

 

・・・違うゲームじゃない!本当に「エヴァンゲリオンレーシング」っていうモータースポーツのプロジェクトがあるのか!?自分が無知なだけでした!

公式ブログもありましたよ。

ameblo.jp


そういうことか、このコラボはレースチームの宣伝も兼ねていたのか。それならレースという要素をゴリ押してくるのも納得できますね(めっちゃ不自然ですけど)。

で、ストーリーに話を戻すと、この空中レースの優勝者はオーディンから願い事をなんでも叶えてもらえることになりました。空気な主人公と威厳が感じられない最高神。この2人、ある意味ヴァルコネで一番のコンビかもしれない。

f:id:Luxmoon:20180217153611j:plain

妙な輩のろくでもない願い事を阻止するため、ヘル様から優勝するようにと命令された主人公。でもこれ、ヘル様が一番ノリノリに見えるんですけど。

 

第7章 トウジの逆襲

チケル・コロナ・アスカとすったもんだの末爆進し続けると、なぜか人がバッタバッタと倒れている。なんと凄惨な・・・まるで鈍器で強烈に殴打されたかのような伸びっぷりだ。

f:id:Luxmoon:20180217153607j:plain

お前の仕業か!ここの神様はアホしかいないのか!?アスカが完全に呆れているぞ!この紳士協定のカケラも見当たらないカオスなレースっぷりにヘル様もフォローできず、アスカの意見に屈する。

「天界最強」の名を持ちながらもラミエル戦ではさっぱり姿を見せなかったこの男、ここしか目立つチャンスはないと出張ってきたか。それとも、エヴァコラボが新劇準拠のためにハブられたトウジの怨念がトールを動かしたか。

とりあえず、トールが敵として立ちはだかるのなら、自分がやるべきことは一つしかない。

 

f:id:Luxmoon:20180217153438j:plain

岩男「雷神のことは口にするな、虫唾が走るッ!!」

スポンサーリンク
?