闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

異世界人と共に使徒を討つ、終焉と新世のリガーレ Part3

図らずしてマナの数字がきれいに並んでいたので思わずスクショ。全て4でなかったのが残念です。

f:id:Luxmoon:20180218161232j:plain

 

空中レース終幕

とうとうコラボイベクエもフィナーレ。後半のストーリーは一応キャラ達が空を飛んでいる設定なんですけれども、エヴァ原作のサハクィエル戦のイメージが強くて、どうしてもエヴァ達がコースを爆走している様子を想像をしてしまいます。なんかそっちの方がインパクトがありそうじゃないですか?

それにしても空中レースの舞台って、観客席の形がまんまクィディッチですよね。

 

第8~10章 レース後半はひとまとめ

密度の濃かったラミエル討伐編と比べて、後半の空中レース編は舞台が変わらない分、どうしても冗長的になっちゃいますね。あまり書くことがなさそうなので、まとめてパパッと話を振り返りましょう。

やりたい放題のトールを一刀両断した後、疲労によりアスカが離脱。主人公とヘル様は合流したカヲル君と共同戦線を張りスクルドを追い抜く。

f:id:Luxmoon:20180218161228j:plain

ある程度遊んだことで満足したのか、その後カヲル君も観客席へ引っ込んでしまう。

「賞品に興味はない」と言いつつも1位を取る名誉は欲しいらしいヘル様、こちらが追いついたことに驚くシンジやレイを見て「これぐらい朝飯前よ」と超得意気。何だかんだ言って、やっぱりヘル様が一番楽しんでるんじゃ・・・?

レース中に願い事を決めたらしいシンジとレイ。一方主人公の願い事は何なのか?

f:id:Luxmoon:20180218161338j:plain

両極端な2択だ・・・。オーディンに願って世界平和を実現できるようなら、ラグナロクの心配する必要ないんだよなぁ。

故障したムブロンに振り回されるチケルを倒して助けて、マリの妨害工作を潜り抜け、ついにゴールは目前。誰がトップを獲るのか?という瀬戸際にオーディンが立ちはだかる。

f:id:Luxmoon:20180218161329j:plain

f:id:Luxmoon:20180218161333j:plain

最高神様も若者に混じって遊びたくなったようです。ストーリーではあまり見せ場がないオーディンですが、これでも最高神。こちらには冥府の女王とシンジ達がいるとはいえ、これでは分が悪い。

そこでレイの発案により、オーディンを押さえつけている間に誰か一人がゴールしてしまう作戦を決行。主人公がルーンのナイフでオーディンの攻撃を防ぎ、その間にシンジのエヴァの力とヘル様の魔力により、レイをゴールまで送り届けることに成功しました。

レースの優勝者は「綾波レイ」で決まった!

自分の予想ではシンジ君が優勝かと思ってましたが、外れてしまった。

優勝者のレイを称え、表彰式で願い事は何か尋ねるオーディン。しかしレイはシンジの願い事を叶えてあげるつもりだった。

f:id:Luxmoon:20180218161319j:plain

そしてシンジもまた、レイの願い事を叶えるつもりでレースに参加していたらしい。「レイ自身の望みを叶えればよい」とのシンジの言葉に、レイが出した答えは

f:id:Luxmoon:20180218161512j:plain

至極落ち着いた願い事でした。

ラミエル討伐成功の空気によって、浮かれすぎていたことを反省する面々。ドンチャン騒ぎはこれぐらいにして、静かな晩餐会が催されることが決定しました。

f:id:Luxmoon:20180218161506j:plain

f:id:Luxmoon:20180218161532p:plain

f:id:Luxmoon:20180218161519p:plain

主人公とシンジ君達は落ち着いた状態で別れを迎えることが出来たようだ。それを考えれば、あの騒がしい空中レース編も無駄ではなかったというわけだ。

終焉と新世のリガーレ、これにて終幕。

スポンサーリンク
?

コラボクエストの感想

今回のイベクエは、お知らせで「2部構成」であることが告知されていたので、途中で大きく内容が変わることは予想していましたが、さすがに空中レース編は分量が多すぎましたね。逆にラミエル討伐編は少なすぎた印象。ラミエル編が1~8章ぐらいまで、残りでレース編をおまけ的にといった程度がちょうど良かったかなぁ。

それに、オーディンが「使徒襲来以外にも何か起こっているのでは?」と言っていたのは「第2部で国道13号君が登場する伏線か?」と期待していたにも関わらず、キャラクエで少し語られる程度で終わったのも寂しいです。

今後のイベント予定に「決戦、天穹都市アスガルド」がありますが、これがイベクエ系だったら補足が欲しいですね(多分タワーイベントかコロシアムだと思いますけど)。

さて、今回のストーリーではエヴァキャラ達の性格がかなり丸くなっていて、刺々しい空気を感じることはありませんでした。さすがに原作のノリをここに持ってくることはできなかったようです。まあシンジ君達は旧劇・新劇に関わらずロクでもない目にばっかり遭っているので、こういったお祭りストーリーぐらいは穏やかに終われて良かったかも知れませんな。こちらの神様がイマイチ頼りなかったのも、コラボキャラ達を立てるための演出と思うことにしよう。

 

勢いのままハードをコンプリート

俺達の戦いはこれからだ!

f:id:Luxmoon:20180218161237j:plain

終わった!(ハードが)

パーティはこんなメンツで駆け抜けました。

f:id:Luxmoon:20180218161248j:plain

「神獣を2体入れろ」といったような種族縛りはなく(たしか)、スムーズにコンプリートできました。コラボイベクエは今回が初プレイだったんですが、この難易度であればコラボを機会にヴァルコネを始めたプレイヤーさんでも、開催期間内にハードコンプリートは可能そうです。

相変わらず回復フィルシーはウザッたいですが、特効指定されているエヴァキャラの力があればゴリ押しで突破できるはず。

そして強く望むことが一つ。

f:id:Luxmoon:20180218161241j:plain

せっかくラミエルのモデルがあるんだから、キャラとして使えるようにしてくださいお願いします!

スポンサーリンク
?