闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

ハロウィンよ!私は帰ってきた!!

コラボ終了から息つく間もなくハロウィンイベントへ突入。ついにこの時がやってきた。

f:id:Luxmoon:20180925203629j:plain

 

自分にとっての出発点

いや~ハロウィンだよハロウィン。

何をそんなに大騒ぎしているかというと、自分がヴァルコネを始めたのがちょうど昨年のハロウィンイベント期間だったんですよ。

つまり、これでヴァルコネプレイ約1周年。いや飽きっぽい自分がよくここまで続けられたもんだ。

始めたばかりの時期だったのでレベルも低く装備もロクに揃っておらず、☆5進化を諦めた人魚のハロウィンビキニのリベンジを果たすときが来た。

f:id:Luxmoon:20180925203619j:plain

そう、この装備を入手したことがメルマーレ育成のきっかけの一つだったんだ・・・。

最初は「メルマーレ」と「ハロウィンメルマーレ」が別々のキャラだと勘違いしていて、「どうすればハロウィン仕様の人魚が手に入るんだ???」と悩み、しばらくしてからコスチューム装備で見た目を変更できることに気が付いたんですわ。

f:id:Luxmoon:20180925203615j:plain

人魚姫・ピンク髪・デカイと、ワンピースの某人魚とキャラ被りまくりのメルたん。当時は「いいのかこれ?」と思ってましたけど、今まで問題になってないので多分いいんでしょうきっと。

さてさてハロウィン商人をさっそくチェックし、品揃えの中にビキニを確認。1着当たりキャンディ250個で入手可能ナリ。

f:id:Luxmoon:20180925203622j:plain

進化のために必要なビキニは9着。まずはそっちを最優先で購入して、キャンディが余ったらキャラボックスを購入しましょ。また頑張ってコネクトしなくちゃ。

スポンサーリンク
?

仕様変更されたハロウィンメルマーレ

パンプキンキャンディ入手方法はもちろんハロウィンメルマーレ降臨の周回。

しかし昨年とは内容が若干異なり、さらに超降臨が追加。

f:id:Luxmoon:20180925203714j:plain

王冠キャンディは超降臨からしか入手できません。

「超」降臨か、うーんこれは嫌な予感。

f:id:Luxmoon:20180925204630j:plain

亜人が混乱するコネクトのくせにサスキアを特効対象にしていた昨年とは違い、今年は亜人も連れて行きやすくなっています。

そして烙印が付与されるのはS1のみとなりました。

それよりもオートスキルで全体にスロウを付与してくるのが凄まじく危険。スロウを上書きする方法は限られており、自分の手持ち装備やキャラでは常時スロウ状態を受け続けることになります。

さらに水クリスタルがメルマーレにクイックを掛けるせいで、こちらがモタモタしている間にダメージがガンガン蓄積していきます。こりゃ相当難しいぞ。

f:id:Luxmoon:20180925203626j:plain

でもまあ、こっちにはパッシブスキル追加で強化されたハロウィンヴィーザルがいるし、ハロウィン鴉神'sを入手せずともソロクリアぐらいなら何とか・・・。

 

 

 

f:id:Luxmoon:20180925203711j:plain

デデン!

 

f:id:Luxmoon:20180925203708j:plain

デデデン!!

できた。オート放置でソロクリアできた、できたけどこれは・・・難しい、ものすごく難しい。

戦法としては、烙印により回復を阻害してくる光クリスタルを闇武器で一気に破壊し、あとは風の吹くまま、気の向くまま、メルマーレ撃破まで走り続けるだけさ!

 

しかし、ちょっとリヒール不発事故が発生しようものならパーティは壊滅へ一直線。

f:id:Luxmoon:20180925215910j:plain

このギリギリの状態でタイムオーバーすると物凄く悔しい。

オートにせず、HPゲージ更新時に手動リミットバーストしてやればもう少し安定性は増しますが、覚醒キャラを詰め込んだにも関わらずここまで難しいとは。一見バルドルを入れているような余裕はなさそうに思えるんですが、どうなんですかねぇ?

もう少し調整を続けてミルカ。

f:id:Luxmoon:20180925203703j:plain

ちなみに☆6ソロの報酬量はこんな塩梅。

王冠キャンディ以外はほとんどS1と変わりありません。これは無理にS1をプレイする必要はないか・・・?

 

Back to Basics

意味は「基本に帰れ」。

 

f:id:Luxmoon:20180925203700j:plain

今回のコロシアムパーティはこれで行こう。

このメンツを見ていると何とも懐かしい。ゲームを始めてから暫くの間、これと似たようなパーティでアリーナをプレイしていたんですよ。ああ、あの未熟だった頃の自分がまぶたに浮かぶようだ(今も決して上級者ではありませんが)。

そうだ、七つの大罪コラボイベントでは甚だいい思いをして来た身、ここは謙虚に初心へ帰らねばならない。

ただプレイするだけで楽しかった、あのワクワクを思い出すんだ!

スポンサーリンク
?