闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

ヴァルプルギス超絶降臨(S3)ソロをクリア

今回紹介する戦法はソロ専用です。マルチでは全くダメージを稼げませんのでご留意ください。

f:id:Luxmoon:20181030093103j:plain

 

多段ヒットに乗じる

f:id:Luxmoon:20181030093431j:plain

f:id:Luxmoon:20181030093022j:plain

現在の最高難度である超絶降臨に相応しく、本体もクリスタルも多くの効果を持っており把握するのが大変。かいつまんで説明すると、

1、神・エルフ・巨人は基本禁止。
2、中距離クリスタルは物理でしか破壊できず、ヴァルプルをかばう
3、遠距離クリスタルは魔法でしか破壊できず、ヴァルプルを回復する
4、ヴァルプルは自身へバリアを展開

HPゲージがどの段階かで、上記2~4の要素が現われたり消失したりします。

中距離クリスタルを物理で割り、遠距離クリスタルを魔法で割り、多段攻撃で素早くヴァルプルのバリアを破る。というのが対ヴァルプルギスの一連の攻略手順となります。

これを行う上で圧倒的に便利なのが覚醒リサ。スレイヤーズリングを装備でき、バレル武器を装備でき、自身の専用武器も火属性多段ヒット系で、ASで遠距離クリスタルを高火力で撃ちぬける、無論レジストグラビティ持ち。

覚醒リサを持っていればクリアはグッと現実味を帯びて来るでしょう。

しかし自分はリサ未所持。相棒のサーシャは持っているのでいつかは暗殺メイドコンビを揃えたいもんです(クラリス「・・・」)

そこで、こちらはヴァルプルギスの第二弱点が光であることと、ASが多段ヒット系であることに注目しました。その結果生まれたのがこのパーティです。

 

 

f:id:Luxmoon:20181030093234j:plain

そう、テスラのペルちゃんシールドを利用した反撃戦法です。はちゅねミク超降臨でテスラを抜擢した際に思いつきました。

エンデ・マギーの説明文に「シールドを無視」とありますが、「別に反撃まで無視するとは書いてないよね~?」という憲法の拡大解釈みたいな戦法ですね。HAHAHA、この仕様が改変されないことを切に祈ろう。

キャラの選択理由については後述するとして、このパーティのおおまかな流れが次のようになります。

 

HP1ゲージ目

f:id:Luxmoon:20181030093058j:plain

一番やっかいなのがこの第一ゲージ。皆の行動スピードが遅く、時間だけが刻々と過ぎていって焦ってしまいそうになります。このパーティの要であるテスラがグラビティフィールドに足を取られるため、反撃シールドの対象となるキャラも歩幅を合わせてやりましょう。

開始一分を過ぎると、ようやくペルちゃんの発射体勢が整います。ここからが真骨頂。グラビティの影響を受けた状態でシールドを展開するということは、大雑把に言って保持ターンが倍になることと同義。

ヴァルプルのASを受けることでテスラのASゲージも上がっていくため、シールド消失後1ターンも待たずに再展開できるようになります(何らかの理由でASゲージ上昇が間に合わなくなることもありますが、エンデ・マギーに対して1~2回反撃すればHPバー1つ分削り取れるので許容範囲かと)。

 

HP2ゲージ目

f:id:Luxmoon:20181030093051j:plain

第二ゲージでは近距離クリスタルの「かばう」が消失しているため、とても楽です。

ヴァルプルの行動次第によってはHPゲーシ更新後すぐにASを撃ってきますが、シールドを持ち越しておりデバフも入っている状態ならば、ASを受けた瞬間ヴァルプルが即死することも。

 

HP3ゲージ目

f:id:Luxmoon:20181030093041j:plain

最終決戦の第三ゲージ。バリア・かばう・回復が全て発揮された本気モード。

こちらがやることは変わらないのですが、ここで近距離クリスタル破壊に手間取ったり、反撃のタイミングが合わないなどでもたつくと、クリアタイムが大きく変動します。

スムーズに事が進まないと残り時間1分ほどということもあれば、

 

f:id:Luxmoon:20181030093229j:plain

調子がいいと残り2分30~50秒となることも。これはオートの宿命なので、手間をいとわないのであれば手動でペルちゃんシールドの発生タイミングを調整してください。

スポンサーリンク
?

パーティと装備

覚醒サスキア

f:id:Luxmoon:20181030093224j:plain

f:id:Luxmoon:20181030093019j:plain

いきなりなんですが、この反撃戦法を用いて戦うならば覚醒サスキアよりも壁役に適していると思われるキャラクターがいます。

獅子王ルーヴです。

f:id:Luxmoon:20181030093254j:plain

このチャージ系スキルがクセモノ。普段のコネクトでは行動の邪魔になるだけで恩恵を感じないんですが、反撃を主軸にするならば話は別。グラビティフィールドの影響を受けた状態でチャージスキルが発動すると、そのチャージ時間まで引き延ばされるため、シールド保持時間がさらに増えます。

自分はルーヴを育成していないのでエアプ発言になってしまいますが、テスラとルーヴ両方を育てている方は試してみてください。

 

覚醒フェイラン

f:id:Luxmoon:20181030093219j:plain

f:id:Luxmoon:20181030093017j:plain

サスキアと共にペルちゃんシールドを持って反撃していく役目。

サスキアより後ろに配置され、専用装備で近距離クリスタルへ攻撃することができるため組み入れました。覚醒サーシャも試してみましたが、ペルちゃんシールドを自身のシールドで上書きしてほしくなかったため降板。

近距離クリスタルの「かばう」発動中は、フェイランの攻撃が勝手にクリスタルへ吸われることもポイントです。闘神のブレスレットをソーニャに渡して、代わりにスレリンを持たせるのもいいかも。

他キャラであっても勿論構いません。自分の手持ちによって柔軟に対応を。

 

槍使いソーニャ

f:id:Luxmoon:20181030093212j:plain

f:id:Luxmoon:20181030093014j:plain

明らかにヴァルプルとは相性がイマイチなんですが、ここはどうしてもソーニャでなくてはならなかった。

フェイランより後ろでペルちゃんシールドの適用範囲から外れ、レジストグラビティを持っており、スレイヤーズリングを装備できて、木耐性が高く、状態異常を受けない物理アタッカー、という条件を満たす育成済みキャラがソーニャのみだったためです。

火属性武器を振るって近距離クリスタルを割るのがお仕事。エッグ・スピアのスキルは相手の物理耐久を大きく削ぐため、反撃時に発動されていれば儲け物かなと思って装備させてみました。

 

雷使いテスラ

f:id:Luxmoon:20181030093308j:plain

f:id:Luxmoon:20181030093012j:plain

設定通り電光石火で敵を倒したいが、重力に魂を引かれるせいで人生上手くいかない発電体質の寂しがり少女。

装備は倒れないことを重視して防御寄り。とは言ってもグラビティフィールドの影響によりフィールドダメージを受ける速度も遅くなるので、ハイリングは☆4でもOK。

良かったなテスラ・・・自分が手に入れた初めてのスターフェスキャラが超絶降臨初クリアへ導いてくれたよ。テスラをここで使用することを思いつかせてくれたはちゅねさんにも感謝。

 

覚醒エリザベス

f:id:Luxmoon:20181030093303j:plain

f:id:Luxmoon:20181030093108j:plain

人間の回復キャラだヤッター!

レースフラッグの対象にテスラを入れることができれば良かったんですが、そこまで上手く位置調整できませんでした。

しかも闘神のリングを装備させてないことに今気付く有様。あとで魔神の血と交換しとこ。こんな調子でよくクリアできたもんだ。

 

そんなこんなで

ソウル10個集めて解放させました。

f:id:Luxmoon:20181030093258j:plain

おお・・・超絶降臨キャラがここに並ぶ日が来るなんて・・・。

ヴァルプルの隣りにいる機甲リンも反撃シールドを展開できる亜人なので、この戦法と相性がいいでしょう。

ヴァルプルギスの足ってそういう形だったんだ。ここで解放するまではジオングみたいに足がないキャラだと思っていました。超絶降臨キャラもやっぱりキャラクエがないので、少しずつ集めて育成してやりたいです。

ヴァルプルギス超絶降臨が公開されてまだ日が浅かった時期に書いた雑談があったので、よろしければこっちも読んでみてね。

スポンサーリンク
?