闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

何度目か分からないネルトゥス敗北

いい所までは削れるんだけど・・・やっぱり勝てん。

f:id:Luxmoon:20181218174217j:plain

 

今後のコラボを狙うしか

f:id:Luxmoon:20181218174210j:plain

レジストボイド持ちのはずのシルルが覚醒ユミルと同等程度にしかダメージを稼げてない・・・。

これはウルティマでのモナと同じ状況ですね、キャラ本人には適性があっても所持装備が弱いせいで実力を発揮できないってヤツ。自分が持っているボイド耐性持ち遠距離キャラはイプ姐以外こんな感じで倉庫番になってます。

うーん、それでも・・・もし七つの大罪コラボでキングを引き当てていたらクリアできたのだろうか。

思い返せば、超絶クリアはどれもコラボキャラのお陰で成し遂げたようなもんなんですよね、特にウルティマ。あれはエリザベスがいなかったら絶対に無理だった。

今まではコラボが始まっても「どうせ回さんし」と思ってコラボガチャ限定キャラの性能は大して調べていませんでした。で、コラボが終了してからようやく詳細を知って「へぇー」となる(ディアンヌがフルングニルの完全上位互換ということを知ってちょっとショックを受けちゃったりね、岩男よ・・・)。

ゴウセルのようにコラボイベント終了後はほとんど出番なしになるリスクはありますが、もし次のコラボにて持っていればネルトゥスに勝てそうなキャラが登場したら、今度こそ確定まで回してみようかしらん。

オリジナルキャラの影が薄くなってしまうのには寂しさを感じますけど。

スポンサーリンク
?

祝福杖のドロップに妙な偏り

何回挑んでも勝てず、ネルトゥスからお引取り願われることで傷ついたハートを癒すため、たまには真面目にイベントをプレイ。

でも時間制限アリの大討伐はやはり好かん。

これいつまで続けるのよ、ハァ・・・(ヘル様風ため息)

 

・・・さ、気持ちを切り替えて本題へ。

f:id:Luxmoon:20181218174222j:plain

「カトラ・メロウ・トネリコ」組は水主体で、「リヴァーチュ・オレオル」組は光主体で先頭を削り続けるパーティにしています。

以前は闇ボックス封入装備だった祝福杖が直接ドロップするという豪快な仕様に若干戸惑いつつ、せっせと周回したことで☆4止まりだったラヴァフレイムロッドが☆5となりました。

f:id:Luxmoon:20181218174200j:plain

残る祝福杖もできるならば☆5にはしたいですが、ドロップ率に明らかな偏りが見られるため、かなり困難かもしれません。

f:id:Luxmoon:20181218174151j:plain

火と闇ばかり優先的に落ちる反面、水・木・光がさっぱり入手できません。

なぜこれほど露骨に偏りが生じるのか、考えられる理由は

その1:先頭キャラモチーフの杖のドロップ率を最初から高めに設定している
その2:オトモ精霊達を倒すか倒さないかでドロップ率が変動する
その3:クリスマスガチャを回させるためn(それ以上いけない)

個人的には2の可能性が高いんじゃないかなと思います。自分が採っている集中攻撃戦法ではメロウ・トネリコ・オレオルが最後まで残っていることも多く、マルチソロ中に救援者が来てくれた場合には、自分はほぼダメージを与えらないまま終わることもありますから。

これを書いている段階ではまだ夜の部が少し残っているものの、祝福シリーズ大討伐は実質的に今日で終了。進化させられなかった分の杖については、今度は売らずに倉庫へ保管しておくことにします。

祝福シリーズ大討伐は他の季節でも使い回しができそうですから、またいつか復刻してくれるでしょう、きっと。

スポンサーリンク
?