闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

オヴニル超降臨(S2)ソロをクリア

イベントで覚醒してから常設化まで約2ヶ月。難易度調整があったかは不明ですが、再びクリアすることができました。

f:id:Luxmoon:20190127163058j:plain

 

やはり語ることがなし

f:id:Luxmoon:20190203185017j:plain

f:id:Luxmoon:20190203185014j:plain

 S1との相違点を箇条書きすると以下の通りです。

1、デバフが無効
2、クリスタルがオヴニルに硬化を付与
3、神・亜人・巨人に烙印

さすがS2と言うべきか、難易度自体はかなり上がっています。それでもS1と同様の戦法が通用するというのが幸いでしょうか。

S1攻略などの記事をご覧いただいている方ならば承知の上でしょうが、自分はオヴニル攻略においては、基本的にカルディナ依存でプレイしています。

今回もやはりカルディナシールド反撃戦法で勝利。

f:id:Luxmoon:20190127163054j:plain

ラーミナのパッシブスキルの対象となっているのはセナ・ブリュン・サーシャ。

誰がスキル対象となるかを把握しつつ、スレイヤーズリングの装備者を決めましょう。

 

f:id:Luxmoon:20190127163104j:plain

f:id:Luxmoon:20190127163049j:plain

オートだと反撃タイミングによってクリアタイムが酷く変動するのは相変わらず。

特にS2では硬化をより早く解除できるか否かもタイムに大きく関わってくると思います。

f:id:Luxmoon:20190127163044j:plain

S2をプレイする人のほとんどは上記画像にある「警告のルーンの塊」を目的としているでしょうから、オヴニル超降臨はあえて手動周回した方が結果的には楽に素材を集められそうな気がします。

スポンサーリンク
 

パーティと装備

騎士セナ

f:id:Luxmoon:20190127162914j:plain

f:id:Luxmoon:20190127163015j:plain

イベント時は覚醒ウリンを壁役としていましたが、特効が外れた現在はS1と同様セナを壁役としています。全キャラ中トップクラスの水耐性が魅力的なキャラです。

前述の通りラーミナのパッシブスキルにより神獣特効を付与されるため、スレリンは装備させていません。

 

覚醒ブリュンヒルデ

f:id:Luxmoon:20190127162919j:plain

f:id:Luxmoon:20190127163012j:plain

ウルスコート2枚重ねで烙印対策。防寒は大事。

ドラゴネットヘルムを装備すると、残る武器枠は1つ。

遠距離クリスタルを少しでも早く破壊できる可能性のある「疾風の鎖鎌」にすべきか、オヴニル本体への反撃ダメージを上げるべく「ヴァルハラの剣」にすべきか。

うーむ、悩ましい。

 

覚醒サーシャ

f:id:Luxmoon:20190127162925j:plain

f:id:Luxmoon:20190127163009j:plain

カルディナシールド対象となる前方2名が大半のダメージを稼ぐため、覚醒サーシャはそれほど重要ではないです。

自身の反撃シールドダメージはたった30%ですし。

でもせっかくだから使う。

 

仕立て屋ラーミナ

f:id:Luxmoon:20190127162929j:plain

f:id:Luxmoon:20190127163007j:plain

アップデートで破格のパッシブスキルを得たシザーウーマン。

仮にラーミナが倒れても一度付与されたブラッドレーグルは残り続けるため、パーティにただ組み込むだけでも役に立ちます。

自分に達人 → マフラータオル発動、カルディナに達人 → 回復不発事故防止

というお仕事も。

 

いばら姫カルディナ

f:id:Luxmoon:20190127162934j:plain

f:id:Luxmoon:20190127163004j:plain

つくづく思う、

「カムバックボーナスでカルディナ選んどいて本当に良かった」と。

「S2でエルフ禁止にならなくて本当に良かった」と。

カルディナが事故を起こすとクリア成功率がガクッと落ち込むため、装備は耐久性を優先しています。

数少ない武器についてはクイックによるASゲージ回復を期待して賑風の独楽(しんぷう、と読むのだろうか?)を装備させました。が、微々たるものだったのでワイバーンボウに交換するべきかもしれません。

スポンサーリンク