闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

季節はずれのメリークリスマス

ネルトゥスのソウルを必死に集める最中、"それ"は唐突に思い出された。

 

忘れる前にそろそろ

"それ"とはつまり"これ"です。

f:id:Luxmoon:20190217201927j:plain

f:id:Luxmoon:20190217201923j:plain

覚えておいでだろうか?クリスマスイベント時、プレイヤーに配られた「サンタクエストチケット」を?

実はわたくし、「そろそろレベル上限が解放されるに違いない」と思いチケットを保管し続けていたのですよ。その枚数は

・チケットⅠ × 7枚
・チケットⅡ × 8枚
・チケットⅢ × 7枚

しかし2月も半ばだというのに未だ解放されず。チケット受け取り期限も刻々と迫ってきています。

プレゼントボックスに長期間置きっぱなしなせいでうっかりすると存在を忘れてしまいそうですし、時間がある内にそろそろ消化しておくことにしました。

さ、まずはチケットⅠから。

f:id:Luxmoon:20190217201919j:plain

サンタディエラさん久しぶりっすね。

何度見てもすごいポーズだ、腰骨がポキッと逝かないか心配になります。

 

f:id:Luxmoon:20190217201914j:plain

わーいクリスマスプレゼントやー(棒読み)。

 

f:id:Luxmoon:20190217202030j:plain

1枚当たりの経験値は1,000か、結構貰えますね。

この直後にレベル上限が解放されたらその時は・・・、笑えばいいと思うよ(白目)。

 

終わったらすぐにチケットⅡへ。

f:id:Luxmoon:20190217202025j:plain

「あ~かったりィ~」という声が容易に再生できるサンタマーニ。

首吊りフィルシーざまあああ(クエストでの回復がウザかったあの頃を思い出しながら)。

 

f:id:Luxmoon:20190217202021j:plain

そうだ!クリスマスプレゼントをよこせぇぇぇーー!!

8歳と9歳と10歳のときと、12歳と13歳のときも僕はずっと!待ってた!

 

f:id:Luxmoon:20190217202013j:plain

ドロップする報酬の差は特になし。

 

画面をせっせと往復し、最後のチケットⅢへ着手。

f:id:Luxmoon:20190217202007j:plain

クリスマスソールの絶対領域いいっすねー。

そのうち入手したい。例え入手した段階で使用機会がなくなっていたとしても欲しい。

 

f:id:Luxmoon:20190217202208j:plain

そんなキュートandプリティサンタさんを襲撃してプレゼント強奪。

「ジャベリンありがとうねえ!」と言わせてくれなかった&ボックス被りの恨みはまだ忘れていないぞよ。

 

f:id:Luxmoon:20190217202202j:plain

このスクショを見てから「マナ瓶のドロップ数が一定でなかった」ことにやっと気が付く我。

マナ瓶ぐらいは景気よく6個ちょうだいよ。

こうしてクリスマスチケットを期限内に全て消化し終え、ここでさらに"あるコト"を思い出すのであった。

スポンサーリンク
 

羨望のルビーキャラ

クリスマスボックスから出てきたルビーを見て、ふと「今の所持ルビーどうなってるんだっけ?」と浮かんできたので確認してみました。

f:id:Luxmoon:20190217202153j:plain

3,753個のルビーが今、手元にあるわけか。

これを多いと見るか、そうでないと見るべきか。

・・・んんん

f:id:Luxmoon:20190217211347j:plain

ルビーパックなんて買えない(いや、可か不可かだけで言えば可能だけれどさ・・・)自分にとって、ルビーはとてつもなく貴重品。

コスチュームのためにこうして大事に貯め込み続けてきましたが、このぐらい貯まってくるとルビーフェスがどうしても気になってきます。

ルビーフェス限定キャラ達の能力は、最新限定キャラと比べれば既に「型落ち品」と言って差し支えなく、またルビーキャラがいなければクリアできない降臨があるわけでもありません。

彼女達はいわばプレミア的側面が強く、単純に考えれば無理に入手するほどのメリットはありません。新コス追加に対応できるよう、これからもルビーを貯め続けるのが利口な考えでしょうが・・・。

 

だがそれでも・・・損得勘定抜きにしてもやっぱ欲しいもんは欲しいです。

 

 

ランドグリーズが。

f:id:Luxmoon:20190217212737j:plain

ランドグリーズの名を耳にすると、心の片隅にある記憶が否応なく呼び起こされるのだ。

そう、あの頼もしきスラッシュアックスが!!(長くなるのでここでは割愛)

本編ストーリーにもちらっと登場したことで、これまで抑え込んできたランドグリーズに対する欲望(ヤらしい意味ではない)がまた湧き上がってきてしまったんだぜ・・・。

しかしルビーキャラはその特殊性ゆえ、確定ガチャが来る可能性が非常に低いです。

でも、んんんんん。

そろそろ回したら来てくれないだろうかランドグリーズ・・・。

ガチャの闇は、今日も深い。

スポンサーリンク