闇ガチャに立ち向かうヴァルコネ戦記

ヴァルキリーコネクトのプレイ日記を綴るブログ、たまには攻略も

ネルトゥス超絶降臨(S3)ソロ【オート放置版】

手動でコツコツと周回を終わらせたネルトゥス超絶降臨のオート放置クリアを達成しました。これで超絶(S3)5種全ての攻略は一段落着いた形です。

 

短い概要

ソウル収集していた段階のパーティでも不安定ながらオートクリアは可能でした。そのためキャラや装備はそれほど大きな変更点はなく、大まかに言ってしまえばシルルをヴェルフェールへ交代させただけといった塩梅です。

f:id:Luxmoon:20190417215005j:plain

レジェンドキャラはやはり強かった。

ネルトゥス超絶降臨の概要やポイントついては以前の手動プレイ版でみっちり書いてしまったので、さっそく個々のコメントへと移行いたします。

 

少々の変更点を添えて

覚醒ウリン

f:id:Luxmoon:20190417215001j:plain

f:id:Luxmoon:20190417214845j:plain

フリジット・ヨールを撃ってしまうことのロスを考慮しても、やっぱり壁役はウリンが安定します。

かつてフロッガや機甲リンを試してみたこともありましたが、ガチガチの耐久装備にしても途中で倒されてしまうので断念しました。なぜ上手く行かないのだろう。

神器はスカイキラーやビーストキラーを目当てに装備させています。しかし靴は攻撃方面の数値が上がらずスキルの補正数値も小さいので必須ではないでしょう。「あればいい」という程度だと思います。

・・・と、自分に言い聞かせてみたり。神器は欲しいけどレイドやるの本気で面倒なんじゃよ。

 

覚醒サスキア

f:id:Luxmoon:20190417215130j:plain

f:id:Luxmoon:20190417214843j:plain

サスキアなしにはクリアできる気がしません。さすがネルトゥス実装と共に覚醒を果しただけあって相性抜群。

ペンペンのイヤリングではなく精神バングルを装備させている理由は、HP10%アップによりメイルシュトロームの攻撃対象から外れやすくするためです。

この10%という補正が意外と効果的だったようで、中盤~終盤にかけてサスキアが事故死する危険性が大分薄まりました。

もう一つの補足として「神樹の剣」ですが、この武器のオートスキル(木耐性の低い敵2体へ攻撃)は戦闘開始直後の状態ですと前方のクリスタルへ命中します。そのため一番最後に配置しました。

f:id:Luxmoon:20190417215015j:plain

覚醒エリザベスの闇耐性アップスキルのように、同条件の対象が複数ある場合には前方に配置されているキャラやクリスタルが優先して適用される扱いのようです。また、ネイチャーハチェットのように単体へ2連撃を入れてくれるわけでもありません。

今回は「ダメージ倍率の高さ」に注目して採用しましたが(あと見た目がかっこよかった)、フェイムシールや華東の青竜刀でも全く問題ないでしょう。

スポンサーリンク
 

覚醒ユミル

f:id:Luxmoon:20190417215126j:plain

f:id:Luxmoon:20190417214839j:plain

神族絶対殺すマン。

虚無の大杖は全体攻撃が可能ですが、ダメージ倍率が低い上にまだ☆4なのでいらなかったかもしれません。

一方で130%×3のダメージを叩き込むティアフリュールはかなりオススメです。中距離であれば誰でも装備可能なので、リュミエイル用にもう一つ☆5を作っておけばベターでしたね。

 

魔法医師リュミエイル

f:id:Luxmoon:20190417215122j:plain

f:id:Luxmoon:20190417214837j:plain

最近はリアルマネー使用による選択チケットから入手できるようになったジョーイさん。これによりネルトゥスやウートガルザへは大分挑みやすくなったと思います。

ヴェルフェールのパッシブスキル「マグニフィック・ヴェール(後方2名の物防・魔防30%アップ)」の恩恵を受けられる位置におり耐久力が上昇したため、装備構成を火力寄りへ変更することにしました。暴走によるダメージをアップさせる狙いもあります。

魔攻ステータスが高いため、サポートキャラでありながら自身も問題なく殴っていけるのがイイ。

 

怠惰の継承者ヴェルフェール

f:id:Luxmoon:20190417215117j:plain

f:id:Luxmoon:20190417214835j:plain

さあついに登場しました、オートクリアへと導いてくれた怠惰の継承者さん。

覚醒キャラと同等のステータスを持っていることからテニアスブレスでもそこそこダメージが入ります。さらに回復が不安定になりがちなネルトゥスではテニアスの僅かなHP回復も結構バカにできなかったり。

木属性のレジストボイド持ちのキャラと言うことで、今のところはほぼネルトゥス超絶降臨用のキャラと言ったところです。いや~もっと早く入手できていたらなぁ~、ソウル収集で楽できたのになぁ~。

怠「危うくこき使われるところであった、遅れてやってきてよかったのだよ・・・」

壊し損ねた遠距離クリスタルを撃ち抜くためにマリのライフルを装備させたのですが、ここはパンプキン・マスカレードやカーニヴォラス・ワンドと入れ替えてボス本体へのダメージを重視してもよいでしょう。

さて、実際にヴェルフェールをコネクトで使ってみて「ヴェルフェール自身はそこまでダメージを稼げない」という点が面白いと感じました。

何しろAS発動後は自身が2ターン居眠りするので、その間ヴェルフェールが攻撃することはありません。仕事は暴走した味方任せ。

f:id:Luxmoon:20190417215008j:plain

そのため本人もしっかりダメージを与えているときもあれば・・・

f:id:Luxmoon:20190417215011j:plain

このようにイマイチやる気がないときも。

自分の労力はなるべく抑えつつ一方で味方を上手い具合に働かせるという、ぐでぐで脱力系のヴェルフェールをASで上手く表現していると思います。

フレーバーテキストのようにほんのりとした個性を感じさせる程度のデメリット効果は嫌いじゃあないです。アタッカーとサポーターを絶妙なバランスで兼ね備えたユニークなキャラクターでした。

スポンサーリンク